「NAISTデータ駆動型サイエンス実習シリーズ2」のご報告

データ駆動型サイエンス創造センター(DSC)は、2019年7/9(火)~7/11(木)の3日間、キャンパスイノベーションセンター(東京都港区)にて「NAISTデータ駆動型サイエンス実習シリーズ2」としてサマーセミナーを開催いたしました。

NAISTデータ駆動型サイエンス実習シリーズは、企業や大学の研究者・技術者および学生を対象にデータ駆動型サイエンスの講習・実習を行うことで、データサイエンス人材の育成を図るとともにデータサイエンスを広く社会に普及させることを目的とし、2018年より開催されています。

2回目となる今回は、「1からはじめる深層学習による自然言語処理」と題して、深層学習を用いた自然言語処理に関するセミナーを実施しました。セミナー初日は、NAIST・DSCセンター長の 中村教授から、セミナーの趣旨に関する説明とNAIST DSCの紹介を行い、続いて松本教授、中村教授による、自然言語処理と音声言語処理に関する基礎から応用までの講演が行われました。セミナー2日目以降は、小野准教授、須藤准教授、荒牧特任准教授、安田特任准教授による、Pythonを用いた疾病タグ付きのツイートのマルチクラス分類や、企業情報の極性分類(ネガポジ判定)などの演習を行いました。講習と演習には、35名の受講者が参加して積極的に取り組み、受講後のアンケートでも大変充実したセミナーであったとの多くの感想をいただきました。「NAISTデータ駆動型サイエンス実習シリーズ」は、来年度以降も継続して実施する予定です。

 

picture1. 講演するNAIST・DSC(兼) 松本 裕治教授

Picture2. 講演するNAIST・DSCセンター長 中村 哲教授

Picture3. 演習のための環境構築を説明するNAIST・DSC 小野 直亮准教授

Picture4. 研究紹介をするNAIST・DSC(兼)  荒牧 英治特任准教授