News

2020年度大阪大学 秋・冬学期開講科目(履修登録)

データサイエンスプログラムでは、大阪大学が中心となり、神戸大学、和歌山大学、滋賀大学、大阪府立大学、大阪市立大学と本学で構成するデータ関連人材育成関西地区コンソーシアムに加盟しています。このプログラムは、文部科学省によるプロジェクトです。 今回、大阪大学が当該プログラムに提供する秋冬学期開講科目について、履修の照会がありました。 希望する方は以下詳細をよく読み、必要書類を添えて申し込んでください。 1)科目 開講科目はここから確認してください。 2)単位認定 履修により取得した単位は、本学のデータサイエンスプログラムの卒業単位の単位として認定する予定です。 3)交通費支給 本学から大阪大学までの交通費支給を検討しています。詳細は決まり次第、メールとHPで案内します。 4)新型コロナウイルス感染症への対応について 大阪大学では講義等の実施については、今のところ対面型での実施を予定しておりますが、新型コロナウィルス感染状況により変更される可能性があります。大阪大学の活動基準を随時確認するようにしてください。 5)履修を希望する場合 7月17日(金)までに、 dsp-director@dsc.naist.jp, dsc-assistant@ad.naist.jp 宛に、必要書類を作成のうえ添付してメールで申し込んでください。 【必要書類】 *各書類名をクリックするとダウンロードできます。 1. 大阪大学科目履修希望者名簿 2. 大阪大学科目履修願 3. 履修願(様式第1号)_NAIST ※3については、指導教員の押印も必要です。 押印したものを準備することが難しい状況の場合は事前にご相談ください。 6)問い合わせ先 不明な点等ありましたら、 dsp-director@dsc.naist.jp, dsc-assistant@ad.naist.jp まで連絡してください。

2020年度神戸大学開講科目(履修登録)

  データサイエンスプログラムでは、大阪大学が中心となり、神戸大学、和歌山大学、滋賀大学、大阪府立大学、大阪市立大学と本学で構成するデータ関連人材育成関西地区コンソーシアムに加盟しています。このプログラムは、文部科学省によるプロジェクトです。 今回、神戸大学が当該プログラムに提供する開講科目について、履修の照会がありました。 希望する方は以下詳細をよく読み、必要書類を添えて申し込んでください。 1)科目 開講科目はここから確認してください。 2)単位認定 履修により取得した単位は、本学のデータサイエンスプログラムの卒業単位の単位として認定する予定です。 3)交通費支給 本学から神戸大学までの交通費支給を検討しています。詳細は決まり次第、メールとHPで案内します。 4)新型コロナウイルス感染症への対応について 神戸大学では、少なくとも前期は遠隔授業が継続されるとのことですが、後期は未定となっています。今回受講案内がありました科目は11月以降に開講予定ですので、履修を希望される方は、今後の神戸大学の対応方針をここから随時確認するようにしてください。 5)履修を希望する場合 6月29日(月)までに、 dsp-director@dsc.naist.jp, dsc-assistant@ad.naist.jp 宛に、必要書類を作成のうえ添付してメールで申し込んでください。 【必要書類】 *各書類名をクリックするとダウンロードできます。 ・1 神戸大学科目履修願 ・2 神戸大学科目履修希望者名簿 ・履修願(様式第1号)_NAIST ※指導教員の押印も必要です。押印したものを準備することが難しい状況の場合は事前にご相談ください。 6)問い合わせ先 不明な点等ありましたら、 dsp-director@dsc.naist.jp, dsc-assistant@ad.naist.jp まで連絡してください。

ベイジアンネットワーク・テキストマイニング講習会

【タイトル】 ベイジアンネットワーク・テキストマイニング講習会 【日時】 3月11日(水) 8:50~16:40 【場所】 六甲台第2キャンパス 自然科学総合研究棟3号館 1階 125室 【対象者】 データ関連人材育成関西地区コンソーシアム関連大学(※)の学生・教職員 ※大阪大学・和歌山大学・滋賀大学・奈良先端技術大学院大学・京都大学・神戸大学・大阪府立大学・大阪市立大学 【募集人数】 15名まで ※応募者多数の場合、選考を行う場合があります。 【募集期限】 2/28(金)まで 【応募方法】 以下の連絡先に必要事項をお送りください。 連絡先:cmds-sec@edu.kobe-u.ac.jp 必要事項:名前、大学名、学部・研究科、課程、学年 【注意事項・詳細】 添付のチラシをご確認ください。 ——————————————– 本件問い合わせ先:神戸大学 数理・データサイエンスセンター中山 cmds-sec@edu.kobe-u.ac.jp *開催案内チラシ(PDF) ベイジアンネットワーク・テキストマイニング講習会

第7回インタラクティブ・マッチング

大阪大学数理・データ科学教育研究センター(MMDS)では、文科省の補助金を受け「データ関連人材育成プログラム関西地区コンソーシアム(DuEX)」によるインターンシップに向けた学生と企業のマッチング会「インタラクティブ・マッチング」を毎月実施しております。 2019年度 第7回インタラクティブ・マッチングの開催日時は下記の通りとなります(詳細はチラシをご覧ください)。 ご興味をお持ちの学生様は、是非とも下記【申込先】URLよりお申込下さい。 【開催日時】2020年3月11日(水)15:00~17:00 【場所】 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学研究科I棟3階 I304A室 http://www-mmds.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/structure/helpdesk/access.php 【対象】 数理・情報・経済・工学系の修士・博士課程学生 【内容】 インタラクティブ・マッチング インターンシップに向けた生と企業のマッチング会 〜博士人材学生による自己アピールの場〜 ①学生による10分間の研究発表プレゼンテーション ②質疑応答・企業による紹介 ③企業担当者とのフリートーク 【参加企業】日東電工㈱ その他、田辺三菱製薬㈱など、数社と調整中 【申込先】 下記URLをご確認の上お申し込みください。 http://www-mmds.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/structure/duex/internship.php ※後日、DuEXへの登録(無料)が必要です。 【ご参考】 インターンシップの条件は以下の通りです。 期間:2週間〜3ヵ月 勤務形態・時間等:企業と学生で相談の上決定 支給対象:時給1000円程度、通勤交通費、遠方の場合は往復の旅費及 び宿泊費(受入企業と要相談) ※今回ご都合が悪くても、次回以降随時日程調整可能ですので、上記フォームよりご希望の日時などご入力の上送信下さい。 尚、この内容に関するお問合せは、DuEX事務局<mmds-duex@sigmath.es.osaka- u.ac.jp>までお願い致します。  

第6回インタラクティブマッチング

【申込先】 下記URLをご確認の上お申し込みください。 http://www-mmds.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/structure/duex/internship.php ※申し込みにはDuEXへの登録(無料)が必要です。 【開催日時】2020年1月27日(月)15:00~17:00 【場所】 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学研究科I棟 I304A室 http://www-mmds.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/structure/helpdesk/access.php 【対象】 数理・情報系の修士・博士課程学生 【内容】 インタラクティブ・マッチング インターンシップに向けた学生と企業のマッチング会 〜博士人材学生による自己アピールの場〜 ①学生による10分間の研究発表プレゼンテーション ②質疑応答・企業による自社紹介 ③企業担当者とのフリートーク 【参加企業】パナソニック㈱ライフソリューションズ社 パナソニック㈱アプライアンス社 ㈱りそな銀行 他、現在数社と調整中 【参考】 インターンシップの条件は以下の通りです。 期間:2週間~3ヵ月 勤務形態・時間等:企業と学生で相談の上決定 支給対象:時給1000円程度、通勤交通費、遠方の場合は往復の旅費及び宿泊費 この内容に関するお問合せは、DuEX事務局<mmds-duex@sigmath.es.osaka-u.ac.jp>までお願い致します。 皆様のご参加をお待ちしております。

船津公人教授 2019 Herman Skolnik Award受賞記念講演会 を開催

データ駆動型サイエンス創造センター(DSC)研究ディレクター・物質創成科学領域データ駆動型化学研究室の船津公人教授が、化学情報学における先駆的な研究と長年にわたる当該分野の発展に対する貢献により、ACS 学会(米国化学会)Chemical Information部門の2019年「Herman Skolnik Award」(*)を受賞されたことを記念して、11月29日に本学において受賞記念講演会を開催しました。 受賞記念講演会では、冒頭に、DSCの中村センター長から開会の挨拶があり、その後、中外製薬株式会社の長谷川様と先端科学技術研究科・情報科学領域/DSC(兼)の金谷教授から特別講演をいただきました。 船津教授の受賞記念講演では、現在の研究における先端のトピックスとともに、船津教授がケモインフォマティクスの研究を始められたときからの歩みと研究の将来展望にいたるまで大変示唆に富む講演がなされました。   【左:講演する船津公人教授  右:中村哲センター長より花束贈呈】 船津教授の講演の後、DSCを代表して中村センター長から船津教授へ花束の贈呈があり、最後に、垣内理事・副学長から祝辞と閉会の挨拶をいただきました。 今回の講演会は86名(学外41名、学内45名)が参加し、船津教授の栄誉をお祝いする盛大な受賞記念講演会となりました。 (*)「Herman Skolnik Award」は、理論化学および化学情報学に貢献した研究者を毎年1名表彰するもので、当該分野において最も歴史と権威のある賞です。今回の船津教授の受賞は、欧米以外の研究者で初めての受賞です。   【左:講演会場  右:講演者とDSC構成員】

Bコース「数理工学PBL」

2020年2月29日-3月1日にGPUによる大規模計計算・機械学習のHands-on形式講義を開催致します. 〇日時:2020年2月29日-3月1日(2日間) 〇場所:大阪大学豊中キャンパス基礎工学国際棟1階セミナー室 〇大学からの交通費支給:なし 〇内容:下記の二つのパートから成ります <研究講演>では,機械学習・GPU計算・スパコンなどを利用した最先端の研究を行っておられる研究者にご講演いただきます. <実技講習>では,機械学習初心者の方を対象に“ウェブアプリケーションを用いたディープラーニング”と“スパコンを用いたディープラーニング”に関する講義を開催致します. 〇参加登録: 下方で詳細を記述しております. 〇登録〆切: 1月31日 〇詳細URL:事前準備(実技講習に必要なソフトウェアインストールやネットワーク環境等)などの詳細は以下のホームページをご覧下さい. https://duex.jp/course/detail/dsp?id=72 〇スケジュール: ■2/29(土) 10:00-11:00<研究講演> 寺山慧氏(理研)『GPUを用いた機械学習・画像処理・最適化-創薬・材料科学・海洋工学での応用事例』 13:00-19:00<実技講習> 小池敦氏(一関高専)『ウェブベースのディープラーニング(MLPまで) 』 山田和範(東北大学)『スパコンを用いたディープラーニング(MLPまで)』 ■3/1(日) 13:00-19:00<実技講習> 小池敦(一関高専)『スパコンを用いたGPUスクラッチプログラミング』 /////////////////////// 参加登録について ////////////////////// 本イベントは2019年度に開講されるデータ関連人材育成関西地区コンソーシアムBコース「数理工学PBL」として開講しており, <研究講演>はどなたでも参加して頂けますが,<実技講習>への参加は下記の受講申込が必要です. ◆受講申込方法: *下記に記載するDuex協定校とは 大阪大学,神戸大学,滋賀大学,奈良先端科学技術大学院大学,和歌山大学,大阪府立大学,大阪市立大学 のことです. ・Duex協定校の学生・教員の方: Step 1: DuexのHP(https://duex.jp/join)からDuexのアカウント取得して下さい. Step 2: 数理工学PBLの申し込みページ(https://duex.jp/course/detail/dsp?id=72)から受講登録を行って下さい.

第6回インタラクティブマッチング

〇日時: 2019年11月13日(水)、14日(木)、25日(月) ※希望に合わせて日程調整いたします 〇場所: 大阪大学基礎工学研究科I棟 等で調整中 【参加企業】 調整中 【申込先】 下記フォームの「参加申込」よりお申し込みください https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScXfRaHIuFr3j84lW7LREyFl–8A-a9hgehskicASz7mhVDvA/viewform インタラクティブ・マッチングを通して現在までに7名の学生さんが企業インターンシップに参加しております。ご関心のある方は是非ご連絡ください。 (参考) インターンシップの条件は以下のとおりです。 期間:2週間から3か月(企業様と学生さんとで相談の上決定) 勤務形態・時間等:企業様と学生さんとで授業等との兼ね合いを考えて相談の上決定 支給対象:通勤交通費、遠方先(東京など)でのインターンシップに係る交通費及び宿泊費

Bコース「数理工学PBL」

〇日時: 2020年2月29日、3月1日(2日間) 10:00~12:00、13:00~18:00 〇場所: 大阪大学(豊中キャンパス)基礎工学研究科国際棟1階セミナー室 〇大学からの交通費支給: なし 機械学習初心者の方を対象に ・ウェブアプリケーションを用いたディープラーニング ・スパコンを用いたディープラーニング をお教えします。またプログラミング経験者の方や1日目のPBLを終えられた方には ・GPUスクラッチプログラミング を学んでいただき,より高度な計算機利用の足掛かりにしていただければ幸いです。 注意事項:実習にはインターネットへの接続が必須です。 ネットワーク環境は各自でご用意下さい。(モバイルルーターなど) その他事前準備(ソフトウェアのインストール等)に関して下記URLのPDFをご確認下さい。 詳細は、下記URLをご参照ください。 https://duex.jp/course/detail/dsp?id=72 申込方法:下記メールアドレス宛にお申込ください。 hram-jim@hram.or.jp